離婚を弁護士に相談した内容とその感想。

離婚を考えるときは出来れば一度は弁護士さんに相談をした方が良いと私は思っています。というのは、簡単に判をついて離婚出来ればいいのですが、そうでない場合調停にいきます。調停の場ではどうしても戦略が重要になってしまいますし、裁判になったら訴状という形になるので、時間が経てば経つほど厄介になっていくんですよね。

ですので、そういった将来的な見通しも含めて弁護士さんにまずは無料相談をするのが良いと思います。

離婚について弁護士に相談

離婚の気持ちが固まってから、まず私が考えたことは、
可能な限りムダな交渉をさけ、スムーズに夫婦の関係を解消することでした。
そのため、代理人として弁護士に依頼し、事態の収拾へ導いてもらうことにしました。

彼らやその両親へ向けて、言いたいことや、聞きたいことはたくさんありましたが、
関係を修復する必要のない人に、今さら話す意味はないと思ったのです。
そして、当然のことながら初めての体験でしたので、離婚へ向けてどうような準備が必要なのか、アドバイスを受けておきたい気持ちもありました。

弁護士との相談は、想像以上に簡潔なものでした。

それは、そっけないとか冷たいとかいうことではありません。
目的達成のための作戦会議に、経験豊富で有能な指導者がいるということです。

もちろん、依頼人である私に有利な結果を出すことが使命でありますが、
あくまでも個人的感情ではなく成功報酬を得るためにビジネスであるということが、むしろ気持ちよく感じました。

少なからず私と関係のある人たちは、一様に優しく、労わりの言葉を忘れません。
ありがたいことですが、そこに客観性を求めるのは難しいと思いました。
また私自身も、再び心のブレが生じないとも限らなかったので、弁護士の冷静なアドバイスはとても有効に働いていたと思います。

もし、このまま彼が戻ってこなければ失踪宣告を申し立てても、しばらくの間戸籍だけの妻でいなければなりません。
ですが、弁護士はそう長くはかからないだろうと予測を立てていましたので離婚の準備をしながら彼からの連絡を待つことになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました