20代・30代で離婚をする人達の特徴について

20代で結婚してまだ数年と言う夫婦でも、離婚をしているケースが多いと言う特徴は、
夫の浮気によるもの、あるいは妻の浮気によるものもあるのが現状です。

20代の離婚は浮気が多い

子供が居る夫婦ならまだしも、結婚に踏み切ったものの、一人の異性にしばられていると言う
感覚がなくなって来ているのが多いので、気負うことなく離婚してしまうのが、特に20代の特徴です。

若さ故に、まだお互いを一生に一人の伴侶とまでは思えないままに、
複数の人との出会いを求めたり、過去の恋人との復縁にいたったりすることも珍しくありません。

20代でまだ子供もいない時期の離婚だったので良かったと周りの人には、言われることも良くある話です。
しかし、子供がいないからと安易に離婚を選択すると、また別の人と再婚したとしても別れになりやすい傾向を持っている人もあります。

先々の自分の可能性を考えた時に、再婚、出産をするなど女性には特に20代で安易に離婚が出来ると言う感覚を持っている人も多くなっている傾向があります。

このように、20代ではまだ夫、妻の双方がそれぞれの浮気が分かると、安易な離婚になるケースが高くなっているのが特徴です。

確かに20代は若い世代ではありますが、このような考え方を持っていると良い結婚生活を続けられない感性が見についてしまうことだってあります。
人生は一度きりですので、たとえ20代でも慎重に考えて色々な手立てを試してみてから離婚を考えることが必要とされます。

30代の離婚

残念ながら、離婚率は増加傾向にあります。
離婚に至る背景は人によってそれぞれですが、年代ごとに特徴があるといえます。
30代の離婚の特徴は、どのようなものがあるのでしょうか。

働き盛りの男女なので、お互いに上昇志向が強い夫婦が多く、
家族計画もはっきりとしたビジョンをもっていることが多いようです。

そのため、なかなか子供を授かることができなかったり、
思い描いていた結婚生活とズレが生じた場合、すっぱりと結婚生活を終わらせるカップルが多いといえます。

まだ若く、収入も安定しているので、新たなパートナーに出会える
可能性が比較的高いため、お互いに後腐れなく次のステップに進めるようですね。

そういった意味では、離婚をマイナスのものと考えず、
プラスのものとして考えるカップルが多いというのが、30代の離婚の特徴といえるのかもしれません。

また、女性にとって30代は子供を産めるリミットが近づいて来ているといえるので、
そういった意味でも、新たなパートナーとの出会いに積極的になるのですね。

しっかりとしたお付き合いを経て結婚したカップルが多いので、それでも結婚生活とは別物だということを身をもって理解するので、
今回の結婚の反省点を、次回の結婚に活かせることが多く、二度目の結婚では安定した幸せな結婚生活を送っている方も多いです。

離婚は現在ではマイナスなものなどではなく、人生の経験の1つという価値観も根付いてきているように思います。
どういった形であれ、次のステップに生かしていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました