離婚調停に弁護士は必要?有利なのはどっち?

離婚調停は申し立てをする事も、その後調停に出席をする事も、弁護士は絶対に必要というわけではありません。実際弁護士に依頼をせずに自分で手続きをして調停に挑む人も多いです。

なぜかというと、手続きそのものは専門家でなくても誰でも出来ますし、書類の書き方がわからなければ窓口に聞けば教えてくれます。実際の調停も、専門用語が飛び交って難しい法律の話をするのではなくて、離婚する当事者の心情などを察しながら調停委員さんが話を聞いて、アドバイスをしたり、折り合いをつけようと進めていくんですね。

離婚調停で弁護士が必要かどうかは結婚歴をポイントに

まず、そもそもなんですが離婚調停というのは、公平な判断がされるフェアな場所ではなくて、情報&心理戦という場です。いかに調停委員を味方につけるのかが、有利になるも不利になるも、決めると言っても過言ではありません。

そのためとにかく早い段階で、離婚に向けての準備を私はおすすめしています。

いきなり、離婚して、とドラマのように離婚届を夫に突き出してから準備を始めるんじゃ遅いですし、何も考えずに離婚調停の準備を進めていっても、意味がない事をやってしまいがちです。相手が提示してくる情報の質と量が離婚でも勝敗を決めることがあります。

そのため、離婚調停では、弁護士をつけた方が有利といえば有利です。

弁護士はつけない方が良いという離婚カウンセラーもいます。弁護士をつけない方が、調停委員の同情を誘いやすいという考え方もあります。ただし、離婚というのは人生の岐路です。

結婚歴に比例して、財産の清算があったり、子供の監護権、親権、慰謝料など問題が複雑化して、決めていく事が増えていきます。そのためには、専門家のアドバイスが必要になる事はあります。

離婚がスムーズにいけば協議離婚で済むのですが、こじれてしまうと、言いたい事もなかなか言えなかったりすると思います。そういう時に弁護士が出席していると、話がまとまりやすくなるでしょう。

特に、離婚関係に詳しい弁護士の場合は、法律知識だけでなく経験から判断出来る事も多いため、見通しをたてるという意味でも、心強い存在になると思います。

弁護士に頼んだ場合どうなるの?

まず、初回の調停では、申し立てた側と、申し立てられた側が交互に調停室に入って、大体2時間程度終了します。
調停委員はそのお互いの話を第三者として聞いて、妥協点を探し解決をしていこうという流れで話をすすめていきますが、初回は大体申し立て内容の確認をして次回へ、という事が多いようです。
たいてい次回調停は1~2ヶ月後になります。

そして、この調停委員をいかに味方に付けるか、によって自分が有利な状況になっていくんですね。そのため出来るだけ良好な関係になるのがポイントです。

そこで弁護士はどういう役回りで離婚調停に関わってくれるかというと、代理人として一緒に調停をサポートしてくれる場合と、それから調停の外でサポートをする場合とあります。

調停期日には弁護士とともに調停に臨みます。離婚調停では、弁護士に任せても、丸投げが出来るというわけではなくて、基本的には本人も出席する必要があるんですね。
ですので、弁護士に任せずに調停を申し立てた場合は、当然、調停期日には自分だけでという事になります。

そして代理人として調停に出ると、当然の事ながら相手側も弁護士をたててくる可能性は十分あります。そのため、代理人としてではなくて、調停の外から相談役としてサポートをしてくれる事もあるのです。

どちらが良いかは、自分自身のメンタル面から考えてみればいいと思います。
調停という場は、とにかく、重度のプレッシャーを強いられる場です。メンタルに自信のある人でも、調停が終わった後の疲労感は相当なものだと思います。

とにかく不安、怒り、悲しみといったあらゆる負の感情が、自分自身を襲ってきます。

あとは、最初は弁護士を付けず、その後の調停の流れをみて途中で弁護士に依頼するというのも可能です。

弁護士の無料相談ってどうなの?出来る事と出来ない事の使い分けも検討

弁護士では無料相談というものがあります。初回の30分以内や、1時間以内の相談は無料で、時間を超えると30分5000円など、相談料がかかりますが、依頼を検討している場合は無料相談を使って色んな弁護士の意見を聞いてみるといいでしょう。

弁護士には一度相談したら、その後の手続全部について、同じ弁護士に依頼をしなくてはいけない、というものではなくて、相談は相談。依頼は依頼とまったく別物なのです。
名古屋で離婚に強い弁護士は愛知総合法律事務所

つまり、相談に乗ってもらって、調停は自分で行う。というのもありですし、書類は書いてもらいたい、という人もいるでしょうし、手続きを全部して欲しいという事ももちろんありです。必要に応じて使い分ける事が出来ます。

相談に行く前に確認しておきたい事

無料相談でも、有料相談でも法律事務所にいくなら、まずあなた自身が何を知りたいのか、はっきりさせてそれに応じて必要な資料を揃えておきましょう。短時間で効率良く説明するために、まずは自分の状況を整理して紙に書いておくといいでしょう。

例えば養育費や、財産分与について知りたい場合は夫婦のそれぞれの収入がわかるような明細だったり、確定申告書、住宅ローンの状況など、収入だけでなく借り入れなどの資料も必要です。

それから離婚の原因になるような資料もあれば、なお良いでしょう。浮気が原因だったら、浮気の証拠。暴力が原因だったら医師の診断書などがあると良いですね。それが法的に証拠として認められるかどうか、弁護士に聞く事が出来ます。

離婚調停では証拠として、というわけではないのですが、それでも証拠があればあるほど、有利に進められますし、最低限必要な資料があれば弁護士としても戦略をたてやすくなります。

弁護士に伝えておくと良い事としては

・現在別居しているのか、同居しているのか。
・相談に至った原因
・自分自身、調停で何を望んでいるのか。
・子供は引き取りたいか
・慰謝料について
・財産分与について

法テラスの弁護士は3人まで紹介してもらえます。

法テラスとは,一部地域を除き「法テラス法律事務所」というのがあって,弁護士を常駐させています。法テラスは、弁護士との出会いの場です。3人まで、紹介して貰えます。

ここでは制度を利用する弁護士に立て替え払いをしてもらえるため,月額5000円~10000円程度の長期分割が可能です。

ただ弁護士さんにお願いする内容は、人生に大きく関わるので、弁護士さん選びは慎重に、何人かの中からいちばん信頼できる人にお願いするのが良いです。

どうしても法テラスを使いたいのであれば、自力で口こみで弁護士を探し、法テラスを適用させてもらえるか確認をしてみましょう。
法テラス経由だと自分で弁護士を選べないんですね。ただ、実際問題として「裁判に強い弁護士」は、人気も高く引っ張りだこで、法テラス適用外のケースが多いです。

心構えとして持っておきたい事

弁護士に丸投げをして、あなたの離婚問題が解決する、というわけではありません。もちろんあなたと波長の合う、弁護士に依頼をすると安心感からかもう大丈夫だ、という気持ちになってしまいます。

しかし、弁護士はあくまでも第三者なのです。離婚問題に直面しているのは、あなたですので最終的に物事を判断していくのはあなたです。弁護士を必要とするのと、依存するのとは意味が違ってきます。

あなたが抱えた問題を解決する手助けてしてくれる人を探す、これを大切にしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました